スキンケアで美肌にするポイント

01
スキンケアで美肌にするポイントは、洗顔と保湿です。洗顔はスキンケアの基本ですが、ごしごし顔をこすって洗うのはよくありjません。皮膚には、肌の水分を保持したり、外部から異物が侵入するのを防ぐバリア機能があります。洗いすぎは良くないので、朝と晩の2回で十分です。朝は軽めに洗い、晩は念入りに洗顔するのが大切です。

また保湿もスキンケアの基本です。肌がさまざまな原因によりダメージを受けると、水分を受け入れにくい状態になりますが、保湿ケアを行うことで、肌が柔らかくなり、肌のバリア機能や保持能力を高めることができます。逆に肌の潤いが失われると、肌のバリア機能が低下し、肌トラブルや肌老化の原因になり、健康な肌の場合、肌の角質には20〜30%の水分が含まれていて、水分が20%を切ると肌は乾燥している状態になります。角質の水分を保ち、肌から水分がなくならないようにするのが保湿ケアです。

保湿とは、湿気を保つこと、肌の水分を適度に保つことです。健康な角質層は20〜30%以上の水分を含んでおり、それ以下は乾燥肌、15%以下になるとつっぱり感が出てきます。角質層の水分を守っているのは、皮脂、天然保湿因子、セラミドなどの角質層にある細胞間脂質」の3つです。

この3つが互いに助け合って肌の水分を保っていて、中でもセラミドは角質層の水分の80%を守る重要な保湿物質です。保湿には、水分をつなぎとめる成分を補うことが大切です。スキンケアで美肌にするポイントは、洗顔と保湿がとても重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>